歯を大事にしよう



子供のころから毎日しっかり歯磨きをしているのになんで虫歯になるの??

そう思ったことがある人もいるのではないでしょうか?


虫歯はプラークという細菌が原因でおこるものですが、

生まれつき歯の質が弱い人、歯の形や歯並びが悪い人、元々虫歯菌が多い人、唾液の少ない人

など、その原因は人それぞれなので、一生懸命ブラッシングしているから絶対虫歯にならない!

というものではないのです。


この中でも一番厄介なのは元々虫歯菌が多い人かもしれません。

これはプラークの中に住み付いている、ミュータント菌が虫歯の直接の原因になります。

母親がミュータント菌をたくさん持っていた場合、乳幼児に口移しで食べ物を与えていたら

食べ物と一緒にミュータント菌も子供の口の中へと入ってきてしまいます。

一度口の中に済みついてしまった菌は、歯医者に通ったからといって消えるものではないのです。


しかし、やはり虫歯を防ぐためにはしっかりとしたブラッシングと口内環境を清潔に保つ。

これが一番ですので、正しいブラッシングを知ることは虫歯予防に効果的と思われます。



■おススメリンク
DIP-F03-4-トップ